子供を地震から守る

以前子供を地震から守る、というような講演会があり参加しました。
地震に関してはテレビなどでも特集を組んで様々な情報がありますがいざというときに子供を守れるかというと自信がありません・・・
この講習会では日々の生活の中で出来ることと、知識として知っておくとためになるということを教えていただきました。
例えば、車の窓ガラスって頑丈で割れないと思っていましたが実は先の尖ったもので四隅に傷を付けると簡単に割れるそうです。
万が一津波で車が浸水した際には知っておくと便利です。
それから子供と一緒にいるときに地震が起こったら、だんご虫のポーズで子供を自分と反対側から覆いかぶさるようにして守ります。
やはり頭を守ることが一番重要だということでした。
子供たちには日々の生活の中で地震が起こったらどうするのかということや地震や津波の恐さを教えておくことも重要です。
頭ではわかっていても実際に起こったときにいかに自分が順応できるのかということが重要なので、非難訓練などにも積極的に参加することも大事ですね。